第4回公共貨幣フォーラムシンポジウムの講演資料をアップしました。

基調講演
公共貨幣による日本の新国生み
山口薫(公共貨幣フォーラム代表理事)
資料はこちら

招待講演
反緊縮の政治と経済学における公共貨幣論
朴勝俊(関西学院大学総合政策学部准教授)
資料はこちら

招待講演
Cレジーム-AI時代に相応しい貨幣制度-
井上智洋(駒澤大学経済学部准教授)
資料はこちら

特別講演
電子公共貨幣EPMの7つのシステムプロトコルについて
生島高裕(公共貨幣フォーラム理事)
資料はこちら

招待講演
ブロックチェーンIrohaによるEPMトークンの実装に向けて
武宮誠(ソラミツ株式会社共同最高経営責任者)

招待講演
今なぜ公共貨幣が政治のドメインに姿を現したか
首藤信彦(市民政治バンド代表)
資料はこちら

招待講演
ゆりかごから墓場までのプライバシー~3つの課題
折田明子(関東学院大学人間共生学部准教授)
資料はこちら


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です